日本人は胃がんになりやすく胃がん検診の受診が重要

胃の中に細菌やピロリ菌がいる人で、これらの細菌に感染している人は感染をしていない人と比較したときに、胃がんを発症する確率が2.6倍になると言われています。

日本人はおよそ6000万人の人が、ピロリ菌に感染していると言われています。

ピロリ菌に感染することによって、胃粘膜において胃酸を抑制させる物質が過剰に分泌されるために、発がんの危険性が高くなる場合があります。



また、喫煙を行うことによって、男性の胃がんのリスクが高まると考えられています。



飲酒だけの場合であれば関連性は確認されていませんが、喫煙を行うことによって胃がんの発症のリスクが高くなることがわかっています。

食生活との関連性としては、食塩を過剰に摂取することで胃がんのリスクを増加させることがわかっており、新鮮な緑黄色野菜や果物を摂取することによって予防の効果を得られることが知られています。胃がん検診などで受診することができる、血液検査ではペプシノーゲンやピロリ菌に対する抗体を測定することで、胃がんになりやすいかどうかを調べることができます。

がん検診の検索の情報をご紹介いたします。

胃がんの発症率を引き下げるためには、生活習慣を改善させることや、がん検診の受診によって予防をしていくことが大切です。

胃がん検診では胃X線検査を行って、胃の中の粘膜の観察を行うことで胃がんを早期に発見することができます。胃X線検査ではおよそ10%の人が精密検査が必要であるという判定を受けますので、その場合には胃内視鏡検査の受診をすることになります。