紙やパソコンなどの機密文書の処理について

会社の中では様々な文書が作成される事になりますが、中には機密性を持つ文書もあり、取扱には十分注意が必要になるものもあります。
機密性を持つものの中には、情報が漏洩する事で会社に大損害を与える事も有りますので、取扱には注意を要します。


紙に印刷されている文書などの場合は、シュレッダーを行う行う事で処理が可能になりますが、機密性が高いものなどの場合は、シュレッダーではなく紙を溶かす方法を利用して処分を行う事も有ります。これは、会社の中で管理を行う人がいて、機密性の高い物を集め、それを一定量集る事で箱に封印を行い、専門業者に引き取りを依頼し、封印が開封される事無く、そのまま処分場まで運び込まれ、その処分場の中で箱に入れられたままの状態で溶解されていくという方法です。

また、この方法は、確実に処分が行われた事を証明する証明書が発行されますので、確実に処分が行われた事が解るというメリットが有ります。

しかしながら、最近はパソコンで文書作成を行う事が多くなっているわけですが、当然機密性を持つものもパソコンで作成されるケースが多くあります。文書を消す時は、大半の場合がゴミ箱に入れる事で処分を完了する形になりますが、ゴミ箱に入れただけでは実際には完全に処分が行われていないのです。

一流のネズミ 駆除 方法情報サイトを利用しましょう。

そのため、パソコンを処分する場合などでは、ハードディスクの中のデータを完全に消去してくれるサービスを行う専門業者が存在しており、専門業者に依頼をする事でハードディスクの中のデータを完全に消去する事が可能になるのです。

mouseover